読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごみばこ

言いたいこと言いたいだけ

帰宅のお話

 

なんとまあ一ヶ月ぶりのこうしんとなってしまいました。月刊誌か?

 

最近ホイホイ食料を買い込んでしまい将来的に非常に心配です。デブ化がとまらない、、、

 

それはそうとタイトルのお話なのですが

仕事とかしていると帰宅する時間が余裕で日付をまたぐことがザラにあるじゃないですか。自分はとても体力がないので毎日へろへろになりながら家に帰えってちょっとスマホアプリ開いてから寝るんですけれども。

まあシャブのごとくのめり込んでしまいました。こいつあやべえぞ、、、

それがまああの今死ぬほど流行っているおそ松さんのアプリなんですけれども

 

osomatsusan-app.d-techno.jp

 

こちらです

 

ゲーム内容はバイトを選択して放置すると金が入るのでその金で六つ子の洋服を買って遊ぶ(?)ゲームです。

あと連打するとランダムで作中の台詞をつぶやいてくれます。

ぶっちゃけ始めはクソつまらなかった上に広告費で稼いでます感があまりにだだもれすぎたのであんまりやってなかったのですが

f:id:meodora:20160408220252j:plain

 

たっ……ただいまーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

私はすっかりこれにやられてしまいました。これはもはや暴力に近い何かだと思います。

体力が底を尽きた時のおかえり攻撃は非常に心が温まります。それも尋常じゃないレベルで、、、

 

f:id:meodora:20160408220949j:plain

正味な話最近自分ののスマホの中にカラ松が住んでる事に喜びを感じ始めてきたのでそろそろ引き返せないところまできてしまったか、、、といったかんじです。遊戯王もこういうアプリ出して

 

ちなみに自分はカラ松が一番好きなのですがこいつはおかえり言ってくれません。進めてくというようになるのかは謎ですが作中の台詞におかえりがなかったような気がします。なんてこった、、、

おかえりがないんですけど子守唄うたってくれようとするところがとてもポイントが高いですね 歌ってくれ

 

ゲームだとやっぱりこう、、、無視されないのがでかいですね。家だと基本的にシカトされるのでひさびさに人間と会話した、、、、みたいな、、、、そんな気持ちになったね、、、

よくよく考えたら向こうはこっちの声が聞こえてないので会話にすらなっていないのではと今思いました。精神を病みそうです。

 

というわけで最近は部屋の壁にかけてあるアニメ美少女タオルで体力回復する以外にもアプリでも体力回復できるようになりました やったぜ。

 

 

 

それでは、今日はこのへんで。